返済を滞納するとどうなりますか?

キャッシングを利用する場合返済計画をきちんと立てて行う事が重要です。
無理の無い返済計画を立てることが必要不可欠なのです。

 

キャッシングの申し込みを行うと信用情報機関に申し込みが在った事が登録されることになります。
金融会社は申し込みに来た人の信用情報を調べて申し込み履歴や事故歴などが無いかを確認して審査を行うのです。

 

しかし、キャッシングの申し込みを頻繁に行っていたりすることで信用情報にはそれが全て記録されていますので、審査に通り難くなります。
因みに、4社に断られ、5社目にも断られると申し込みブラックになりますので注意が必要です。

 

また、返済が数か月間滞納するする事で信用情報には事故歴と言う形で登録が行われ、ブラックの状態になります。

 

更に、滞納する事で遅延損害金と呼ばれる賠償金の支払い請求がありますが、遅延損害金の遅延利率は利息制限法の上限金利に近い金利でもあり、遅れた日数分の利息を支払う事になります。

 

例えば、借入残高が100万円、遅延利率が20%、遅れた日数が90日とした場合は、100万円×0.20÷365日×90日となり、49315円の利息を返済するお金に加算をして渡すことになります。
また、ブラックの状態になりますので、新たな借り入れは出来なくなるのです。