リストラされたら返済しなくていいですか?

リストラされてもキャッシングの返済義務は残ります。よってキャッシングの返済は続けなければいけません。

 

リストラによってキャッシングの返済が全く出来ない場合、債務整理を検討する事になります。
多少余裕があり、返済が可能であれば金融機関側に連絡し、利息だけの支払いを交渉すると良いです。
金融機関によっては一時的に、支払額を減額または利息のみの支払いに切り替えてくれるケースも存在します。

 

ベストなのは、自分が返済に困っている事を金融機関側に正直に話して、相談する事です。

 

その上でキャッシングの返済が困難であれば、債務整理です。

 

任意整理、個人再生、自己破産の中から1つの手続きを選び、借金を整理すれば、生活再建可能です。
仮に債務整理でキャッシングの借金が残ったとしても、減額された借金となりますので負担は軽減されています。
債務整理を行うと金融機関からの督促・取り立てはやって来ませんので、精神的には楽に生活を送る事が可能です。

 

他の選択肢としては、親族からの立て替えなどもありますが、無理であれば相談後債務整理を検討しましょう。

 

キャッシングの返済で行き詰まった時は、正しい解決策を考えていきましょう。
間違っても借り入れで借金を支払う選択だけは選ばないよう心掛けてください。